旅する47都道府県!

女サラリーマン、旅にお酒ときどきお金

信州上田の日帰りソロ遠足3(上田市立美術館)

地方の美術館にはお宝がある。アメリカで活躍した商業写真家ハリー・K・シゲタ氏の作品をじっくり堪能できた。有名だから観る!ではなく、興味のある作品をじっくり観ることができる楽しみを。

信州上田の日帰りソロ遠足2(BOOKS&CAFE NABO)

念願のブックトラベルデビュー。地方の古民家改築した古書店は広くて居心地がよく、ここ上田市のNABOは多分また来るね。発掘作業も楽しかった。

信州上田の日帰りソロ遠足1(上田城跡)

信州上田には何度も来ているけど、観光は初めて。今回は真田太平記をさらに満喫すべく、まずは上田城跡に行ってみた。目ぼしいものは何もなかったけど...

山梨の新生ワイナリー・トレンドを感じるワイン5本セット

伊勢丹のマーケティングにはまって購入した山梨のワインだったけど、トレンドや経営者や向かっている方向などなど、味以外にもいろいろわかって楽しめた。

東京アンテナショップで見つけた長崎の味

日本橋にあるアンテナショップ「長崎館」も目移りがする。特に麺類はちゃんぽんから素麺まで品揃いが多く、お茶やあご出汁も気になるところ。

25年ぶりに長野大町方面へ(白馬五竜&Hakuba47)

絶好の天気に恵まれた春スキー。長野の白馬五竜&Hakuba47へ。この辺の地域をじっくり滑りたいけど、自動車がないと不便だなと。

25年ぶりに長野大町方面へ(大町温泉郷「界アルプス」宿泊)

ちょっとした贅沢で長野県の大町温泉郷「界アルプス」に宿泊した。居心地よい施設だったけど、大町温泉郷にも活気が戻るとよいなと。

25年ぶりに長野大町方面へ(松崎和紙体験)

25年ぶりにあずさ3号で長野県信州大町へ!地味にいろいろと観光を満喫。わちがいで「ざざ」麺を食べ、松崎和紙で体験に没頭。

JRスキーで便利なガーラ湯沢を深堀り2

越後湯沢駅の立ち食い蕎麦が思いの外、美味しかった。やっぱり越後湯沢は適度に楽しめる!雪国にも春を感じられる寒さだった。

新潟県で買ってきた日本酒3本とワイン5本

2018年末に越後湯沢駅で購入してきた8本。赤ワインのセレクトにはマンネリ化が来つつも、お得な1本や珍しい1本に出会えた。次はもっと日本酒かな。

庄野潤三氏「山の上の家」へお邪魔させてもらって

夏葉社出版の本に始まり、いくつかの偶然が重なり小説家・庄野潤三氏「山の上の家」へ。小説の舞台をそのまま感じることができる素晴らしさ!

福岡発文学ムックと「芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚」

芥川龍之介の知らざる一面を知りたくて読んだ「芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚」の訳者ラインナップは、文学ムック「たべるのがおそい」の寄稿者と被る方々多く、今後ますます期待!!

東京アンテナショップで見つけた新潟の味

新潟県のアンテナショップ巡り。定番は「へぎそば」かな。他、催事を流して眺めるのも楽しい。

小江戸・川越は小ネタが詰まった街だったかなと

テーマパーク化しつつある川越の街の地味目なところを地味に回ってみた。もう少し地味な川越の魅力をまとめられないかなと。

東京アンテナショップで見つけた北海道の味

北海道ワインのブドウは、山梨や長野、新潟とも違ったよ。フランスやイタリア産でもないところに、独自性を見いだせるかなと。

2018年に食べてるシュトーレン3本(ワインにもあう)

ドイツのクリスマス風物詩でもあるシュトーレン、ケーキと言われるがワインにもあう。熟成させてフルーツの甘みが生地に染みてからが美味しいよ!

JRスキーで便利なガーラ湯沢を深堀り

今年の越後湯沢も「雪国」の世界だったけど、新幹線駅直結のガーラ湯沢で手軽にスキーを楽しめた。スキー以外の楽しみを求めて深堀り総括してみたよ。

GO WEST!!大磯に来てみたので散策とか小土産

「明治政界の奥座敷」群の建物を見学したあとは、その街並みを散策。昭和の香りはまだそこに残っていたよ!

GO WEST!!大磯へ「明治記念大磯庭園」ツアーに参加

「明治記念大磯庭園」ツアーに参加。明治政界の奥座敷と言われた大磯の魅力を探ってみる。

行ってみたかった熊野古道その3(熊野三社と那智の滝ほか)

ダイジェストで熊野古道のメイン巡りだけど、本当はむかしの人みたいに時間をかけて到達するから、喜びもひとしおなのかなと。多分ね。

熊野古道で近露の民宿や湯の峰温泉に泊まる

近露では民宿に、熊野本宮温泉郷のひとつ「湯の峰温泉」の温泉宿に宿泊。他の未だ台風の被害が残る「川湯温泉」、今回は訪れてない「渡瀬温泉」にも泊まってみたい。

行ってみたかった熊野古道その2(中辺路ダイジェスト)

「日本昔ばなし」が似合いそうな光景だなと。初日は残念にも夕方(暗闇)になってしまったが、仕方がない。結局2日目も相変わらず慌ただしくなってしまったのが、残念だけど仕方がない。

行ってみたかった熊野古道その1(2時間弱で紀伊田辺駅周辺を散策)

念願の熊野古道へ!和歌山県は初めてかもしれない。同じ日本だけど、未開の土地で人知れず興奮。まずはJR紀伊田辺駅から出発。

群馬県東吾妻町へ(その2)吾妻渓谷に岩櫃山

寒いけど紅葉や雪景色は好きだ。ノーマークだった関東の耶馬渓、国の名勝「吾妻峡」はもっと時間をかけて巡ってみたい。上流1/4もダムに沈むのは切ない。

群馬県東吾妻町へ(その1)「八ッ場ダム」見て→「道の駅」で食べる

群馬県の八ッ場ダムへ。学生時代、スキーの練習でこの辺はよく通ったところ。道の駅で、地元の産地直産品を買ったり食べたりするのは、すごく楽しみ。

東京駒場へ加賀藩前田家のお屋敷跡を追ってみて

加賀百万石のお屋敷跡をたずねて目黒の旧前田家本邸へ。洋館&和館とも優雅な暮らしの香りが感じられる!

青森遠足その4(弘前市と浅虫温泉と)

青森はやっぱり弘前市と弘前城なのかな。桜の季節は是非とも来ておきたいかも。酸ヶ湯温泉のライバル?浅虫温泉にも来てみた。

青森遠足その3(食)貝焼き味噌、若生おにぎり、八仙、鯖

今回の青森旅行は美味しいもの、いっぱい食べてきた。鯖もよかったが、やっぱりこの「貝焼き味噌」が一番刺さった。まだまだ心残りもあるけど。

青森遠足その2(美術館&記念館)

春に見逃したシャガールを早くもみることができてよかった。青森県はいろいろ美術作品をお持ちなことがわかった。ゆっくり堪能できるのに、旅行者は時間に追われる。

青森遠足その1(津軽・太宰治の故郷)

青森遠足で太宰治の実家斜陽館へ。すごい田舎だけど、太宰治(と津軽三味線で)ここまで観光地化できるのも素晴らしい。岩木山もくっきり拝め、静かでいいとこだと(個人的には)思った。

GoTop